清水聖母保育園



『教育理念』

私たちは、こういう保育をしたいと思います。


保育園の願い、思い

私たちはキリスト教の精神をもって保育、運営をしたいと思っています。
キリスト教の精神とは、一人一人の人間が神に造られ、愛されているかけがえのない存在であるという人間理解の上に立つもので、一人一人の子どもを大人と同じ人格を持った者として尊重し大切にしていきたいと思います。また互いに思いやりをもって接していきたいと思います。

私たちはモンテッソーリの教育方法を取り入れています。
モンテッソーリ教育とは、子供の発達段階の中で、その時々の、何々したいという興味の大きな時、これを敏感期といいますが、この時を大切にします。子ども達一人一人が自分の敏感期にあった物を自由に選べる環境を準備して、子ども達が自ら取り組み、集中することの中から自己コントールを身につけていき、出来たという満足感と自身のうちにまた新たに次のステップに取り組む意欲を養っていく自己教育の方法です。お部屋に用意された様々な物や教具を、子ども達が試行錯誤しつつ扱い、やりこなしていく中で自立、自律していくことを援助していくことが、私たちの務めだと考えています。自立ということは、自分で考え、自分で行動し自分のしたことに責任を持つということで、そのような力を備えた子どもたちに育っていくことを願い、目指していきたいと思います。
モンテッソーリ教育のもうひとつの特徴は3・4・5歳児が同じクラスで毎日生活するということで、子ども達が見て学び、やって学び教えて学ぶという3つのステップを踏みながら憧れと思いやりの中で育っていきます。様々な人間関係の中で大きく成長することを感じています。

そして私たちは、温かい人間味のある保育園、保護者の方と信頼関係の築ける園、保護者の方が安心して預けることのできる園であるよう努力したいと思っています。

運営方針

健康で安全な環境設備を徹底させる
  • 安全管理、衛生管理に万全を期す。
  • 子どもの健康管理に気をつける。
  • 完全給食で栄養面を考えていく。
キリスト教の精神を持って運営にあたる
  • 一人ひとりの人間が神に造られ、神から愛されているかけがえのない存在であると信じる。
  • 一人ひとりの子どもを大人と同じ人格を持ったものとして尊重、大切にする。
保育方法としてモンテッソーリの教育方法を取り入れる
  • 子ども自身の中に育つ力があり、いつも大きくなりたい、良くなりたいという望みを持っていることを信じ、子ども自らがその望みを達成するときが来るのを待つ。
  • 子どもは自分の手を使って物と関わりながら、また身体を動かし何度も繰り返しつつ集中するうちに自らの人格を創っていくので、子ども達が自由に選び、考えながら取り組むことの出来る様々な用具、教具、材料を揃えて環境を整える。
  • 子どもの発達段階の中で、その時々に何々がしたいという興味の大きな時を敏感期というが、子ども一人ひとりが自分の敏感期にあった物を自由に選び、取り組み、集中することが出来るよう援助する。
  • 縦割りのクラス構成にし、子どもたちが互いに教え合ったり、見て学んだりしながら、思いやりの心や、社会性を身につけていくように援助する。

園に来る人達、保護者や、地域の保育園に入園していない子ども達とそのお母さん達を、温かく迎える職員の体制を作る
家庭や地域の人達との連携を大切にし、信頼される保育園、地域に開かれた保育園を目指す

 
前のページへ戻る


社会福祉法人・聖母福祉会 清水聖母保育園

〒424‐0931 静岡県静岡市清水区岡町1番34号/TEL:054−352−8558

※このページに関する文・写真などの無断転載はお断りいたします。

もくじ

一番最初のページへ

見て!家の子!

投稿写真も募集中!

行事カレンダー

年内行事やお知らせ等

子育てQ&A

こんな時どうしよう?

入園案内

清水聖母保育園ってどんなところかな?

子育て支援

地域の子育てを支援しています!

ご意見・ご要望
個人情報保護について